「こども本の森 中之島」アフォリズムアニメーション

kodomohonnomori_aphorism

建築家 安藤忠雄氏設計の子ども向け文化施設「こども本の森 中之島」内のアフォリズムアニメーションを企画・制作しました。

「こども本の森 中之島」は、建築家の安藤忠雄氏が設計・建設し、大阪市に寄贈した文化施設。国内外から寄贈された絵本や児童文学など約1万7千冊が収蔵されており、館内だけでなく、この施設がある公園内の広場や芝生などでも自由に本を読むことができます。新型コロナウイルスの影響で開館が延期となっておりましたが、ようやく7月5日に開館を迎えました。


一般的にアフォリズム=Aphorismとは、尊重し模範となること、また真理をつく教えなどを端的な言葉で表わしたものをいいます。このアフォリズムアニメーションは、こどもたちの心に響き、また彼らを惹きつける一節を選書された本の中から抜き出し、それらをアニメーションにのせたものです。

BACH幅氏によって選書された本がそれぞれ引き立つような構成を組み、プロジェクション範囲を存分に活かしたレイアウトで作成しました。選書された異種作品たちを一つのアニメーション作品に作り上げるため、違和感なく楽しめる書体と文字組みを作り、それぞれの本が持つ世界観を文字で最大限表現しています。目指したのは、”見てその物語を感じる”です。

kodomohonnomori_aphorism
kodomohonnomori_aphorism
kodomohonnomori_aphorism


  • kodomohonnomori_aphorism
  • kodomohonnomori_aphorism
  • kodomohonnomori_aphorism
  • kodomohonnomori_aphorism
  • kodomohonnomori_aphorism
  • kodomohonnomori_aphorism
  • kodomohonnomori_aphorism
  • kodomohonnomori_aphorism
kodomohonnomori_aphorism
kodomohonnomori_aphorism


このアフォリズムアニメーションがきっかけとなり、一つでも多くの”こどもたちと本との出会い”が生まれることを願っています。

kodomohonnomori_aphorism
kodomohonnomori_aphorism

CREDITS

Producer
幅 允孝(BACH)
Creative Director
佐藤 文彦(Rhizomatiks Design)
Art Director/Director
中村 佑人(MARUKAJIRI)
Editor
大橋 修平

こども本の森 中之島

kodomohonnomori

建築家 安藤忠雄氏設計の子ども向け文化施設「こども本の森 中之島」内の映像インスタレーション『本のかけら』を企画・制作しました。


「こども本の森 中之島」は、建築家の安藤忠雄氏が設計・建設し、大阪市に寄贈した文化施設。国内外から寄贈された絵本や児童文学など約1万7千冊が収蔵されており、館内だけでなく、この施設がある公園内の広場や芝生などでも自由に本を読むことができます。新型コロナウイルスの影響で開館が延期となっておりましたが、ようやく7月5日に開館を迎えました。

『本のかけら』

こども本の森の奥にある静寂につつまれた円筒の空間。そこで本への興味・関心をひく映像作品を上映します。いくつかの本から切り取られた物語の断片が壁に映し出され、子どもたちを物語の世界へ誘います。

kodomohonnomori



BACH幅氏により選書された異種作品たちが紡ぎ出す新たな物語をアニメーションで表現しました。実際は動かない本の中。でも本当は、様々な感情や時の流れがそこにあります。その世界をアニメーションで描くことで、本を読んで初めて感じる”本の世界の鼓動”を見る人に伝えます。

今回4冊それぞれが持つ世界観で一つの物語を作り上げるため、イラストは新たに描き起こしています。影絵をイメージしたイラストには、絵本らしい質感と深みを出すためのテクスチャーを加えました。また音が大きく反響する円筒空間を活かしたサウンドシステムを構築し、音が全身を包み込むような感覚を実現させました。



  • kodomohonnomori
  • kodomohonnomori
  • kodomohonnomori
  • kodomohonnomori
  • kodomohonnomori
  • kodomohonnomori
  • kodomohonnomori
  • kodomohonnomori
kodomohonnomori
kodomohonnomori
kodomohonnomori
kodomohonnomori


この空間が、一人でも多くの子どもたちとステキな本との出会いのきっかけになることを心より願っています。

kodomohonnomori_aphorism


>アフォリズムアニメーションを同時に上映しています。

CREDITS

Producer
Creative Director
佐藤 文彦(Rhizomatiks Design)
Art Director/Director
中村 佑人(MARUKAJIRI)
Illustrator
福澤 卓馬
Animator
大石 直樹(Big! Co.,Ltd.)
Editor
大橋 修平
Music
武藤 昇(Resonair)
Projection Coordinate
岸本 智也
Sound Coordinator
南 慎一, 大内 健司
施工
モノコンセプションプロダクツ
機材協力
ユニバーサル・ビジネス・テクノロジー
記録映像
Timothée Lambrecq
総合プロデュース・選書協力
幅 允孝(BACH)

こども本の森 中之島内に映像インスタレーションを制作しました。

建築家 安藤忠雄氏設計の子ども向け図書施設「こども本の森 中之島」内の映像インスタレーション『本のかけら』を企画・制作しました。
新型コロナウイルスの影響で開館が延期となっていましたが、7月5日に開館を迎えることができました。

kodomohonnomori

> プロジェクト詳細はこちら

Hydelicのミュージックビデオを制作しました

hydelic

PlayStation4のTetris® EffectやRez Infiniteのサウンドトラックをはじめ、グローバルに活躍する音楽アーティスト Hydelic。5月のワールドデビューに向けて、Tetris® EffectサウンドトラックからConnected(Yours Forever),City Lights, World of Colorsの3曲をピックアップし、ミュージックビデオを制作しました。


Connected(Yours Forever)


  • hydelic_connected
  • hydelic_connected
  • hydelic_connected
  • hydelic_connected
  • hydelic_connected
  • hydelic_connected




City Lights


  • hydelic_CityLights
  • hydelic_CityLights
  • hydelic_CityLights
  • hydelic_CityLights




World of Colors


  • hydelic_World_of_Colors
  • hydelic_World_of_Colors
  • hydelic_World_of_Colors
  • hydelic_World_of_Colors

Direction/方向性

Hydelicのサウンドを可視化。彼らの音楽が語る世界観を、映像を通して視る人に体感してもらう。

Design/デザイン

Hydelicのロゴで、彼らの存在感を強調しつつ、彼らが持つ独特で壮大な世界を表現。背景となるゲーム映像のビジュアルを活かし、曲のスピードや音の強弱に合わせロゴのみにエフェクトを加え、サウンドの可視化を実現させた。

CREDITS

Creative Director
佐藤 文彦(Rhizomatiks Design)
Motion Design
中村 佑人(MARUKAJIRI)

Google

main_Google

BOXX Inc.のメンバーとして、GoogleのSearchプロジェクトに参画。CMをはじめ、デジタルやグラフィックなどの企画・制作をしています。

Google -空港篇-

沖縄に向かう国内線のロビーにて流れる映像を制作しました。

色々な国内線ロビーにて流れる映像を制作しました。

Google マイビジネス

ビジネスオーナー向けのサービス"Googleマイビジネス"の映像「私もやってみようかな 篇」と「あなたのお店をアピールしよう 篇」の2種を制作しました。
プロジェクトの詳細はこちら

Gboard

検索できるキーボードGboardのプロモーション映像を2種制作しました。
プロジェクトの詳細はこちら

Google アプリ

Googleアプリのプロモーション映像を制作しました。
プロジェクトの詳細はこちら

Google Discover SHIBUYA

Googleアプリのインスタレーション・リーフレットのデザインをしました。
プロジェクトの詳細はこちら

Discover_SHIBUYA

NETFLIX

Netflix_main

Netflixが主催/参加するイベントのテーマに沿って、インタラクティブでリッチな体験コンテンツの企画・制作を行っています。例えば、AnimeJapan2019でのULTRAMAN BATTLEやMR(拡張現実)技術を使ったネクストロボバトルです。これらのコンテンツを通して作品の世界観を表現しつつ、Netflixのブランド力をストレートに感じてもらえる内容に仕上げています。

ULTRAMAN BATTLE

AnimeJapan2019のNetflixブースで展開された『ULTRAMAN BATTLE』を企画・制作しました。
インタラクティブでリッチな体験を提供することで、Netflixオリジナル作品『ULTRAMAN』の認知拡大と、Netflixブース
の盛り上げに繋げました。
プロジェクトの詳細はこちら

ネクストロボバトル/Next Robo Battle

Netflixオリジナル作品"Next Robo"の世界をMR(複合現実)で体験できるゲームを企画・制作しました。
2018年9月14日から17日の4日間に二子玉川ライズで行われた『Netflixネクスト ロボ ファミリーパーク』にて、スペシャルコンテンツとして実施。
プロジェクトの詳細はこちら